文章が苦手なあなたへ。新しい文章力の教室の図解・要約【5分で読める】

サラリーマン
文章が下手で困っている。
相手に伝わらない。
書き直しが多い…

 

このような悩みを持っている方におすすめなのが「新しい文章力の教室」です。

最初から結論

完読される文章を目標にする。
出来る限り文章はソリッドに。

 

ちなみに要約したツイートはこちら

本記事を読んで、「タメになった」と思ったらツイートを見てもらえると嬉しいです

 

この記事でわかること

・書く前に構成する
・文章の修正方法が分かる
・文章をもっと明快にする

 

書く前に文を構成する

文章で大切なのはいきなり書かないこと。

プロの作家さんもいきなり書いているように見えるだけ。

頭の中で構成を考えてから書いているそう。

 

 

 

文章は主眼と骨子でできる

まずは主眼と骨子の意味から説明していきます。

主眼=テーマ、ゴール
骨子=骨組み、要素、ルート

上記のようにイメージしてください。

 

まずは主眼を決めて文章を書きましょう。

 

 

主眼をセットする

主眼をセットすることは目的地を決めることです。

 

目的地を決めないとゴールはありません

ゴールがないと、完読の前に文章が完了しませんよね。

必ず文章のテーマを決めましょう。

 

テーマを決めたら骨組みです。

情報を集めて伝える順番と記事の量を決めましょう。

 

長くなると完読に繋がらないのでシンプルに肉付けしましょう。

 

 

読み返して直す

読み返すことで文章力は上昇します。

読み返す時の注意点を確認していきましょう。

文章の推敲は脳と目と耳で行う

文章の推敲は大きくわけて脳、目、耳の3カ所で行います。

 

まずは意味が通じるか。

脳で考えるので黙読でOK。

以下をチェックします。

誤字脱字
事実誤認
テーマと要素が合っているか

 

誤字脱字などがあると記事の信頼がなくなり完読につながりません。

 

 

次は文章の見た目(ビジュアル)です。

同じ文字の連続がないか
違う単語に見間違われる可能性がないか

上記のような場合は別の言葉で言い換えましょう。

 

本書では「おちまさとととんねるずと・・・」という例文があります。

見間違いが起きやすいので、「とんねるず、おちまさと」と書き直しましょう。

次は読んでみて、耳でチェック。

呼んだ時のリズム
発音しにくい語句

 

料理の「のどごし」と同じで、文章には声に出した時の「読み味」があります。

読み味はリズムや言葉を変えるだけでも大きく変わります。

読み味がよくなるように工夫しましょう。

 

重複チェック

叔母次女会社社長は有名人です

僕の叔母の次女が勤務している会社の社長は有名人です

「の」は重複しやすいので見つけたら書き直しをしましょう。

目安は2連続は黄色信号、3連続は赤信号です。

 

文末のバリエーション

昨日はラーメンを食べました。Aさんは豚骨ラーメンにしました。最後に替え玉をしました。

昨日はラーメンをたべました。Aさんは豚骨ラーメン。最後は替え玉をしました。

 

文末の「しました」が3連続になっています。

こどもの作文に似て、幼稚に感じるので書き換えましょう。

 

最初から読み直す

部分的な修正ができても全体のリズムはちぐはぐ場合があります。

 

読者の目線+初めて読む気持ち」で読み返さないと気づくことができません。

修正したら振り出しに戻って読み直しましょう。

 

もっと明快にして文章力を上げる

 

完読されるには伝えたいことをすんなりと、読者に頭を使わせずに最後まで読んでもらうことが大事です。

 

余計な文言があると明快になりません。

 

文章を削る努力をしていきましょう

 

余計な単語を削る①接続詞

 

だから
また
そして

 

上記のような接続詞は文章が冗長になります。

削除しても意味が通じるなら削るようにしましょう。

 

余計な単語を削る②重複語

 A さんは看護師です。 A さんはキレイ好きです。

 A さんはキレイ好きな看護師です。

 

上記の例は同じAさんのことを言っています。

重複している「Aさん」というワードを消しても伝わりますね。

 

言い換えをせずに削れる場合は削ってもOKです。

 

余計な単語を削る③修飾語

 

とても陽気でハイテンションなスカナンバー
陽気なスカナンバー

 

過剰な形容詞や副詞はくどい印象を与えます。

1語だけで伝わる語句を選んだ方が完読に繋がりやすいです。

 

文章の一語目の次に「読点」をいれない

 

さらに、その講演では〜

さらにその講演では、〜

 

文章の1語目に読点が出ると幼稚な文章に見られやすいです。

子供の頃の貴乃花を真似しているバナナマン日村さんの喋り方に似ていますよね。

 

脱線・余談をしない

 

「脱線してる?」と気付いた時点で主眼に合っていない証拠。

文章がわかりにくくなるので削りましょう。

 

新しい文章教室のまとめ

 

良い文章は完読される文章
読み返して直す
重複は削る
余計な単語は削る
脱線しない

 

以上のようなことを説明してきました。

この記事で書いたことは本書のごくわずかな一例です。

 

「面白かった」「ためになった」

 

そう思った方はぜひ本書を手にとってください。

 

毎週一回本の要約ブログを更新しているので興味がある方はツイッターにてフォローしていただくと喜びます!

また次回もよろしくお願いします。