自分の考えがない(泣)読むと独創的なアイデアを出せるようになる「思考の整理学」要約・感想

サラリーマン

自分の考えを持て!と言われる。
頭の中の意見がまとまらない。
周りの人と意見を合わせないと不安。

このように考えて自分なりの独創的な発想をなくしていませんか?

そんな方におすすめのが、「思考の生理学」です。

 

この本の要点を一言で言うと、

ヨミタク
情報をメタ化して、忘れよう!
こんな感じになるかと思います!
簡単に要約と、感想を述べていきます。

思考の整理に必要なもの

思考の整理をするには大事なことが2つあります。

  • 情報をまとめて抽象化するメタ化
  • 考えることを一旦忘れる

情報はメタ化することで記憶に残りやすく、どんな場面でも扱いやすい知識に生まれ変わります。まずはメタ化について詳しく説明します。

 

メタ化

メタってよく聞きますけど、意味をしっていますか?

メタとは「高次の〜」、「超越した」という意味があります。

簡単に言うと、情報を要約することをメタ化と言います。

ヨミタク

「ざっくり言うと〜」=メタ化と考えてOK。

このブログで私が「思考の整理学」の要約や感想を書いていますが、これこそメタ化している作業です。メタ化することで大事な情報がまとまり、記憶に残りやすくなります。

 

拡散と収斂

メタ化するときに2つの相反する力が起こります。拡散と収斂(しゅうれん)です。

  • 拡散は与えられた情報から抜け出す、改変するイメージ
  • 収斂はバラバラになっているものを関連づけてまとまろうとする性質

 

読書に関しては拡散的読書をすることをお勧めします。

収斂的読書は言わば本の要約がわかればOKみたいな読み方なんですよね。知識は深まりますが、それでは自分なりの独創的な発想にはなりません。

 

拡散的読書はあなただけの読み方になります。

例えばあなたが野球選手なら「野球に活かせるアイデアないかな?」と思いながらこの本を読む、みたいな感じです。そうやって読めばきっとあなただけの独創的な発想が思いつくはず。

 

ヨミタク
本を読む最大の目的は、自分の行動が変化することです。
もしも本を読んでヒットを打つには朝5時起きからの座禅が有効、と感じたらとにかくやってみる。合わないと思ったら時間を変えたり、座禅じゃない方法を試す。このような試行錯誤をやって自分が成長していくことが読書の至上命題だと思います。

忘れる力

思考の整理でもう一つ重要なのが忘れることです。

 

メタ化して情報の整理ができたら、別のことをしたり寝るなどして忘れましょう

これがアイデアが降りてくる手助けになります。

 

アイデアの作り方でも同じようなことを言っていますので、忘れることはとても重要のようです。

関連記事

サラリーマン いいアイデアが思いつかない。 このままのアイデアでいいか不安。 上記のような悩みの方におすすめなのが「アイデアのつくり方」です。 この本はたったの100ページしかないのに、アイデ[…]

ことわざの「見つめる鍋は煮えない」のように、そのことばかり考えていても、なかなか前には進めないもの。一旦離れて違うことをやっているときに「AってもしかしてBかも!」のような考えが降りてきます。

 

優れた考えがよく浮かぶ場所として三上(馬上・枕上・厠上)という言葉があります。現代風に言えば移動中、寝ている時、トイレやシャワーの時などがアイデアが浮かびやすい場所とされています。

 

ヨミタク
僕は移動中に妻と話している時にアイデアが思い浮かんだりします。
走る、シャワーを浴びる。このような何も考えていない時間をあえて作ることが大事です。
忘れることは思考の整理でもっとも有効なので、睡眠の質とか息抜きの方法を考え直してみましょう。

 

思考の整理学のまとめ・感想

思考の整理学では以下のことが大事だと言うことを説明してきました。

・思考の整理に必要なもの
(メタ化・拡散的読書)
・忘れる力
たくさんの情報を記憶するのが頭のいい人と思われていますが、そんなことはコンピューターがやってくれます。
私たち人間に必要なのは自分にしかできない独創的な考えをもつこと。
読書をしてすでに知っていることの学びを深めること、知らなかったことを理解するのも重要ですが、まったく新しい世界に向かっていくこともまた重要です。
「A=Bってことか!」と、理解することも重要だけど、さらに「Bということは、Cにも使えそうだな。」と、違う事象にも転用できないかを考えること。これが自分にしかできない独創的な考えを持つことだと言えます。
実はこの考え方、メモの魔力の「事実→抽象→転用」と同じだと思います。
関連記事

また仕事で失敗した。 なぜこんな行動をとったのだろう。 優秀な人になりたいな…。 このような悩みを持つ方におすすめなのが、「メモの魔力」です。 この本を読むと、メモの秘めたる最強のパワーを知る[…]

ヨミタク
メモの魔力はマジで読んでください!
アマゾンレビューでは思考の整理学について批判的な意見がいくつかあります。それを見ると、謙虚に学ぶを心を忘れて正解ばかりを求める収斂的な読書をしているのではないかな?と感じてしまいます。
拡散的読書を心がけ、情報をメタ化して大事な要素を取り込む。このようにして思考の整理をしていきたいものです。