注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

仕事が覚えられないのは「記憶のしくみ」で解決できる!【苫米地流「超」記憶法】

苫米地流「超」記憶法
失敗ばかりで自分が嫌。
もっと頭がよくなりたい。
効率のいい勉強法が知りたい。

 

このような悩みをもっていますか?

 

この記事ではIQ200の天才である認知科学者の苫米地さんの著書「苫米地流「超」記憶法」を読んだ僕が一般人でも真似できるものをまとめてみました

 

この記事で得られるメリット

・脳の記憶特性3つを知る
・勉強法の紹介
・頭が良くなる思考方法紹介

 

苫米地さんは天才すぎて難解部分が多いですが頑張って解読しました。

 

詳しく知りたい方はぜひ本書を読んでください。

 

ユーリ
目からうろこ過ぎて、吹っ飛ぶぞ!

絶対に抑えるべき脳の記憶特性3つとは

本書の苫米地流「超」記憶法で書かれている脳の記憶特性として大事なものは以下の3つです。

 

・脳は通常曖昧な認識をする
・脳は知っていることを覚えようとしない
・脳の記憶は失敗駆動型

 

1つずつ説明していきます。

 

脳の記憶特性①
脳は通常曖昧な認識をする

脳は私達が思ってるより曖昧です。

正確な記憶をしていません。

例えば人の顔を覚えるとき、あなたはどう覚えているでしょうか?

 

・目元が優しそう
・すこっしぽっちゃりしてた
・髪がすこし長い

このようにざっくりと覚えると思います。

 

完璧に容姿を記憶するとヘアースタイルが変わったりするだけで脳は同じ人だと認識できなくなります

 

正確に覚えてしまうと逆に普通の生活が困難になるんですね。

 

これが脳が曖昧な認識をする理由です。

 

 

 

脳の記憶特性②
脳は知っていることを覚えようとしない

脳は潜在能力が高く、普段はその1%も使っていないと言われています。

ポテンシャルは高いけれどだらしない。

脳はそんなやつです。

 

 

現代は情報量が多すぎます。

すべて記憶することは到底不可能。

すでに知っていることは覚える作業から削除しています

そうしないと頭がパンクしてしまいます。

 

 

 

知っていると覚えているは別物

知っている事と覚えていることは全く違います。

 

例えば携帯電話の番号。

・他人の電話番号は知っている(スマホに登録済)

・覚えているのは自分の番号だけ

 

人の番号なんて覚える必要ないですもんね。

「知っているだけでいい」と脳が判断するとなかなか覚えられないのです。

 

 

脳の記憶特性③
脳の記憶は失敗駆動型

 

失敗は成功のもと。

言葉のままですが、失敗することで記憶に強く結びつきます。

 

 

ビギナーズラックでギャンブルで儲けた人がいい例です。

たまたま成功すると図に乗ってしまいます。

トータルでみれば大損なのにいつまでも「いつかは取り戻せる」と勘違いしてしまいます。

 

まだギャンブルを始めたのが失敗と気づいていないのでしょう。

 

 

 

おすすめの勉強法の紹介

それでは次に本書を読んだ僕が実際におすすめする勉強法を3つ紹介します。

以下の3つです。

 

・予測記憶法
・エピソード記憶法
・一夜漬けは無駄

 

おすすめ勉強法①予測記憶法

予測記憶法は脳の特性をうまく利用した勉強法です。

脳は失敗すると記憶に結びつきやすい。

 

これを利用し、普段の生活の中でも次に何が起きるかなど予測をしながら行動をとりましょう。

予想に反して期待はずれの結果が起きたとき記憶に強く結びつきます

 

 

 

テスト勉強でいえば、穴埋め問題を解かずにすぐに答えを見ようとする人ばいます。

あれはダメです。

 

まずはしっかり本気で悩んで穴埋めを記入しましょう。

その上で問題を間違えれば簡単に記憶に残ります。

 

「あ、間違えた」と思うのはとても重要なのです。

 

 

おすすめ勉強法②エピソード記憶法

エピソード記憶法を上手に使っているなぁと感じるのがNHKの「チコちゃんに叱られる」。

この番組はいわば、1つの型に沿ってストーリーを作っているクイズ番組です。

 

例えば「なぜキリンの首は、長いの?」など、当たり前過ぎて考えもしなかった疑問に焦点を当てる。

 

「言われてみれば確かに考えたことなかったな…。」

これで視聴者の過去の記憶に付箋をつけることができます

 

自分の経験の中でも当然感じたことがあるはずの疑問を問題にすることで知的好奇心が湧き出ます。

 

普段の生活でも些細なことを疑問に持つと、解決したときに長期記憶に結びつきやすくなります。

 

おすすめ勉強法③一夜漬けは無駄

一夜漬けは本当に無駄。

言い換えるならその日の短期記憶の量を増やしているだけです。

試験勉強をするときに本当に大切なのは日々の積み上げです。

 

一夜漬けでは一晩でほとんど忘れます。

 

 

睡眠が記憶を整理する

 

睡眠は体の睡眠のレム睡眠と、脳の睡眠ノンレム睡眠に大別できます。

実は記憶の整理はレム睡眠のときに行われ、長期記憶に残すかどうかを選り分けています

 

もし一夜漬けするなら最低でも勉強後に3時間は眠りましょう。

というのも、睡眠のサイクルはレム睡眠をノンレム睡眠をあわせて約90分

 

このサイクルを5サイクルほどするのが普通の睡眠です。

そしてそのなかでも最初の2サイクルが睡眠の質が高いと言われています。

最低でも3時間は睡眠をとる。

これを心がけましょう。

 

 

頭が良くなる思考方法とは

頭が良くなるには根本的な考え方を変えることが重要だということを本書で学びました。

 

 

今から書くことは非常に難解だと思います。

僕も何回もリライトしながら伝わる文章になるように努力しています。

 

この記事の最重要部分なのでじっくり読んでもらえたら幸いです。

 

 

 

未来は簡単に変えられる

時間は未来から過去に向かって流れていきます。

過去から未来ではありません。

 

未来から過去です。

 

 

難解に感じるかもしれませんが、そのまま読み進めてください。

 

 

 

時間は未来から過去に流れる

 

庭にまいた種を思い浮かべてください。

 

種が順調に花を咲かすかどうかは未来の天候や水などの未来の環境次第ですよね?

過去に原因などありません。

 

 

人間もそう。

例えば試験に合格したいという目標があるとします。

「無事合格するかどうか」この原因はどこにあるでしょうか?

 

未来に勉強するかどうかですよね?

 

中学校、小学校のときに勉強してこなかったからとか、過去の自分に原因を見出そうとすること自体がダメ。

 

常に未来を見つめましょう。

 

未来は今からの行動で簡単に変えられます。

 

 

記憶は合成されたもの

記憶は合成されてできています。

学生時代は毎日が苦痛だった部活も卒業してしばらくしたら「あれも今となってはいい思い出だな」と、プラスのイメージで再合成したりするものです。

 

本書では過去の記憶は合成されることは実験で証明できているが、それではツメが甘いと書かれています。

 

記憶は過去だけでなく、未来も合成できるというのです。

 

 

この部分は難解な部分なので詳しく知りたい方は本書をご覧ください。

(書いてみたけどプラス1000字ほど増えたので割愛します。)

 

 

ざっくりいうと、記憶は過去も現在も未来も自分の考え方次第であなたのいいように合成できるということです。

 

 

例えばいつも同じ景色なはずなのに新しい車を購入すると、同じ車に乗っている人が多いことに気がつきます。

「違う車に乗る」という新しい経験をするだけで今までとは違う視点で世界を見るようになるという事例です

 

 

先行記憶法で最高の自分を

未来が記憶で合成されるなら未来の自分を変えることも可能です。

 

旅行などの楽しみなイベント。

絶対に風邪をひきたくないし、寝坊もしたくないですよね?

 

脳はこのとき自己催眠をかけて当日を最高のコンディションに仕上げてくれます。

 

 

旅行の当日は、朝6時にセットしたアラームがなる前に起きたりすることも可能なのです。

 

これは言い換えると未来を予約することができるということ。

体調が良い自分。

同じ時間に起きる自分。

自分自身に進行催眠をかけることが可能なのです。

 

 

まとめ

天才が書いた本なので脳みそがぶっ飛びそうですが、まとめ記事を書くことで少しは天才の知能を借りることができました

まずは脳の記憶特性をしっかりと理解することが大切。

 

※脳の記憶特性3つ
①通常曖昧な認識をする
②知っていることを覚えようとしない
③記憶は失敗駆動型

 

脳は怠け者ですぐにサボろうとします。

サボらないよう記憶させるには下記のような勉強方法がいいことを書きました。

勉強法の紹介
①予測記憶法
②エピソード記憶法
③一夜漬けは無駄

 

 

記憶の特性、勉強方法を知ってもらった上でどう未来を変えていくか。

頭が良くなる思考方法についても書いていきました。

 

未来の自分は簡単に変えられるし、今の自分がある原因は過去ではなく未来にある。

過去の記憶と自分の関係性を変えると、未来の世界の見え方が変わる。

 

そして過去の記憶と自分の関係性を変えてくれる存在は本。だと僕は思います。

 

全く読んだことのない分野だったり、まったく違う属性の仕事をしている人の考え方に触れることで記憶を合成できます

たくさんの人の考えに触れていきましょう。